ハマグリと菜の花とゆり根の白ワイン蒸し。大人の雛祭りな簡単おつまみ。

カテゴリ:
IMG_8587





今までのレシピ検索は
こちら

X(Twitter)
@akkey_degu



ご訪問ありがとうございます。
ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー
のakkeyです。

食と運動の両面から体型維持を目指す
毎日のおつまみを紹介しています。


今回はハマグリを使ったレシピです。

明日は雛祭りですね。

子供のころは毎年母がちらし寿司とハマグリの
お吸い物を作ってくれて。

父がお雛様を飾ってくれていました。

大人になるとお雛様を飾るのもしまうのもだし
ちらし寿司も結構手間がかかるし。

そういうところに両親の愛情を感じますね。

我が家は夫婦二人で子供がいないのでお雛様を
毎年出すのは放棄しました(笑)

虫干し程度に出しています(お雛様ごめんなさい)。

ちらし寿司も作ったり作らなかったり。

昨日朝雨で走れなかったので昼前にウォーキングを
して帰りにスーパーに寄ったら小さなお店でも
食材は雛祭り一色でした。

そこで立派なハマグリを発見。

ハマグリと菜の花でちらし寿司にしようかな…
と思って菜の花も買ってきました。

ですが明日は夫の仕事が超忙しいみたい。

我が家は夜ご飯ものを食べないのでちらし寿司は
お昼ごはん=夫はお弁当。

お弁当はもっとささっと食べられるものがいいな
と思ったのでおつまみにしました。





IMG_8585



フライパンのままドーン。

熱々でどうぞ。

せっかくの立派なサイズのハマグリなので主役に
しようとシンプルなお料理になりました。

ハマグリと菜の花だけだとシンプル過ぎるかなと
ゆり根も加えてみました。

ゆり根で甘みをプラス。

蒸し汁もおいしいので捨てないでくださいねー。

お鍋的に〆にパスタをからめてもおいしいです。

きっと明日もハマグリがたくさん売ってるはず。

ぜひお試しくださいね。

大人の雛祭りのおつまみにぴったりです。

日本酒や辛口のスパークリングワインもぜひ
一緒に購入されることをおすすめします(笑)






レシピブログに参加しています。



レシピブログに参加中♪



クリックしていただけると励みに
なりますので
よろしくお願いします。



こちらも参加始めました。

お手数おかけしますがポチポチっと
していただけるとうれしいです。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ
にほんブログ村





Instagramもやってます。
こちらは旅行や愛車のことなど
お料理以外のことも綴っています。

よかったら見てくださいね。


 

th[8]_00001
akkey_smoky





IMG_8584



●ハマグリと菜の花とゆり根の白ワイン蒸し


材料 (2人分)

ハマグリ(砂抜き済みのもの)
6~8個(大きさによる)
菜の花
1束(120~150g)
ゆり根
100g
にんにく
1/2~1かけ
白ワイン
100ml
塩またはうすくち醤油
少々
EXバージンオリーブオイル(なくても可)
好みの量


作り方



ゆり根は1枚ずつはがしおがくずを洗い流す
菜の花は食べやすい長さに切る
にんにくはみじん切りにする


ハマグリは殻をこすり合わせるようにしてよく洗う
フライパンに並べてにんにくを加え、ワインを注ぎ
フタをする


強火にかけて蒸し煮にする
殻が開いたらすぐに取り出す
ゆり根と菜の花の根元(固い部分)を加えて再度
蒸し煮にする


ゆり根が柔らかくなったら菜の花の葉や穂先の
柔らかい部分を加えてさっと火を通す
ハマグリを戻し、温めなおす程度に加熱する


蒸し汁の味を見て、薄ければ塩または醤油で
味付けする
(塩気が強ければ加えない)
オリーブオイルを回しかけて完成


*ポイント*

具材ではなく蒸し汁の味を見て味付けした方が
塩辛くなりすぎずおすすめです。







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【産地直送】天然 大はまぐり 1kg(千葉県九十九里産)
価格:4,200円(税込、送料別) (2024/3/2時点)







今回のお料理と一緒にいかがですか?









ちらしずしの具材をコブサラダに。

ドレッシングもわさび醤油ベースです。

夜炭水化物を食べないけど雛祭りの気分を味わえる
お料理です。









モスバーガーの照り焼きチキンバーガーを
おつまみにしました。

玉ねぎを添えるのもモス風です。















ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに参加しています。



レシピブログに参加中♪



よろしければ「おいしそう」も
クリックして頂けると嬉しいです。






それでは明日もいい1日になりますように。









 

エビとアスパラのカレー炒め。超簡単でお酒に合う、クイックおつまみ。

カテゴリ:
IMG_8497






今までのレシピ検索は
こちら

X(Twitter)
@akkey_degu



ご訪問ありがとうございます。
ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー
のakkeyです。

食と運動の両面から体型維持を目指す
毎日のおつまみを紹介しています。


今回はエビとアスパラガスを使ったレシピです。

今まだ国産のアスパラガスは出回っている時期
ではなく輸入物がメインです。

ですが最近の輸入ものっておいしいですよね。

先日スーパーで小さめの束がふたつで¥100。

迷わず購入してきました。

鮮度を考えると国産のものよりすぐに使ったほうが
いいと思いまして。

ふた束がつーんとメインに使いました。




IMG_8494



この組み合わせは昔からスパイシーな味付けで
食べるのが好きで。

よく通っていたショットバーのおつまみメニューの
真似をして作ったのがこちら。








こちらはジャマイカ料理によく使われる
「ジャークシーズニング」というスパイスで
味付けしています。

私が初めてこのお料理にチャレンジしたころ
10年以上前はまだジャークシーズニングが
それほど手に入るわけではなくて。

読めない英語のレシピを何とか調べながら読んで
作ってみました。

ちなみに市販品とそれほど変わらずおいしいです。

今なら迷わず買ってきますが(笑)

という苦労をして作ったお料理ですが今回の
カレー炒めを作ってみてびっくり。

こっちもおいしいー!

カレー粉の鮮度が落ちないうちに消費するにも
いいですよ。

ぜひお試しくださいね。





レシピブログに参加しています。



レシピブログに参加中♪



クリックしていただけると励みに
なりますので
よろしくお願いします。



こちらも参加始めました。

お手数おかけしますがポチポチっと
していただけるとうれしいです。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ
にほんブログ村





Instagramもやってます。
こちらは旅行や愛車のことなど
お料理以外のことも綴っています。

よかったら見てくださいね。


 

th[8]_00001
akkey_smoky





IMG_8493



●エビとアスパラガスのカレー炒め


材料 (2人分)

グリーンアスパラガス
5~6本
むきエビ
120~150g
サラダ油
大さじ1
■ A
白ワイン(または酒)
大さじ1
少々
カレー粉
大さじ1~


作り方



アスパラは下の固い部分を切り落とす
斜め切りにする
エビはあれば背ワタを取り、大きければ半分に切る


フライパンに油をの半分を熱し、エビを炒める
色が変わったら中まで火が通ってなくても取り出す


残りの油を加えて熱し、アスパラを炒める
色が鮮やかになったらエビを戻しす
Aを加えてからめながらさらに炒める


アスパラが好みの火の通り具合になったら盛り付け
完成


*ポイント*

その他好みのカレーに使うスパイスを加えても。

辛いのが好きな場合は鷹の爪やカイエンペッパー
を加えても。

塩の代わりにウスターソースやケチャップで味付け
しても。













今回のお料理と一緒にいかがですか?









ねぎの火の通り具合は焼き時間で調節して
お好みで。

ねぎとお味噌とチーズの不思議マリアージュを
お楽しみください。









これからの時期はハウス栽培のフルーツトマトが
おいしいです。

ちょっとお高いですが…

市販のトマトサラダのドレッシングの真似をして
作ってみました。





そのほかのアスパラガスを使ったレシピも
よかったら見てくださいね。










こちらもエビとの組み合わせ。

エビと並んでグラタンに合う鶏肉も加えて
これひとつで大満足ランチ。

まだ寒い日が続きますのでぜひ。








緑の春野菜だけ。

バターで炒めて味付けは塩胡椒のみでも。

醤油やぽん酢でも。

シンプルながら野菜の力強さを味わえます。














ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに参加しています。



レシピブログに参加中♪



よろしければ「おいしそう」も
クリックして頂けると嬉しいです。






それでは明日もいい1日になりますように。









 

作りおきホワイトソースで、柚子香るきのことゆり根のクリームパスタ。冷凍ストックのホワイトソースですぐできる簡単パスタ。

カテゴリ:
IMG_8456





今までのレシピ検索は
こちら

X(Twitter)
@akkey_degu



ご訪問ありがとうございます。
ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー
のakkeyです。

食と運動の両面から体型維持を目指す
毎日のおつまみを紹介しています。


今回はパスタのレシピです。

それと作りおきのホワイトソース。

ホワイトソースって少量作るのは面倒。

なので我が家ではいつも牛乳1リットルで
まとめて作って冷凍保存しています。

薄く伸ばして冷凍しておけば使いたいときに
使う分だけパキっと割ってお鍋やレンジに。

ミートドリアなどはチーズをのせて焼くので
凍ったまま乗せてもOKなんですよ。

とっても便利。

それを使ってクリームパスタ。





IMG_8455



きのこが中途半端にあったので。

それと今の時期おいしいゆり根。

とっても栄養豊富で加熱すると失われがちな
ビタミンCもキープされるんだとか。

ゆり根なんてどう調理すれば…使い切れない…
という方も多いかと。

こういう風にソースに入れて煮るだけでも
炒めものにしてもおいしいんですよー。

ちなみに買ったときに包まれていたおがくずに
もう一度全体がしっかり埋まるようにしてから
冷蔵庫で保存すればかなり日持ちします。

あるとひと味違うお料理になりますのでこの機会に
良かったらお手に取ってみてくださいね。






レシピブログに参加しています。



レシピブログに参加中♪



クリックしていただけると励みに
なりますので
よろしくお願いします。



こちらも参加始めました。

お手数おかけしますがポチポチっと
していただけるとうれしいです。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ
にほんブログ村





Instagramもやってます。
こちらは旅行や愛車のことなど
お料理以外のことも綴っています。

よかったら見てくださいね。


 

th[8]_00001
akkey_smoky





IMG_8457



●作りおきホワイトソース


材料 (作りやすい分量)

牛乳
1リットル
バター
80g(あっさりめ)~100g(濃厚め)
薄力粉
80g(ゆるめ)~100g(しっかり)
小さじ1/2~
胡椒(あれば白胡椒)
少々


作り方



薄力粉は泡だて器で混ぜてふるう代わりにする
(ダマになりにくくするため)
牛乳は常温に戻すか人肌程度に温める


鍋にバターを熱し、溶けたら薄力粉を加えて
滑らかになるまで弱火で炒める


牛乳を少しずつ加え、そのつど粉っぽさが
なくなるまで丁寧に混ぜる
牛乳がなくなるまで繰り返す


牛乳臭さを飛ばすために底をこそげるように
混ぜながら3~5分煮る
塩胡椒で薄めに味付けして完成


保存する場合は完全に冷めてから保存袋や
真空パックに薄く入れて冷凍する


*ポイント*

面倒でも牛乳を入れ終わったあとに煮ることで
お店のような本格的な味に仕上がります。

味つけは薄めにしておいた方がどんな食材とも
合います。




●きのことゆり根のクリームパスタ


材料 (1人分)

パスタ
80~100g
好みのきのこ2~3種類
合わせて80gくらい
ゆり根(1枚ずつはがしておがくずを洗い流す)
20~30g
柚子の皮
少々
■ A
ホワイトソース(レシピID : 7759359)
120g
牛乳
100~150g
少々
胡椒
少々


作り方



きのこは石づきを切り落とし食べやすく切るか
手で裂く
ゆり根は大きければ切る
柚子の皮はすりおろすか千切りにする


塩少々を加えてパスタをゆで始める
鍋にAを入れてホワイトソースを溶かしながら
火にかける


沸騰してきたら弱火にし、きのことゆり根を加えて
煮る
(ゆり根にすっと串などが入れば火が通っている)


ゆであがったパスタの湯をしっかり切る
3に加えて全体をよく混ぜる
盛りつけて柚子の皮を散らし、完成


*ポイント*

オイルパスタ等と違ってソースは和えるだけなので
パスタはあまり固めにゆでず、表示時間に近い
ゆで時間であげてください。












そのほかのゆり根を使ったレシピも
よかったら見てくださいね。










ゆり根は糖度の高いものは甘みがあるので
ほかの食材の味付けは塩味や酸味があっても
合いますよ。








ゆり根はかき揚げにするのもおすすめです。

エビとゆり根と三つ葉でまるでお店のような
ちょっと贅沢なかき揚げに。

エビは小さいので経済的ですが(笑)









ゆり根はお鍋にしてもおいしいです。

煮すぎるととろとろに溶けてしまうので
煮すぎず食べる分だけ入れるのがおすすめ。

シャキッと感が残るくらいのシャキほく食感が
個人的に大好きです。












ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに参加しています。



レシピブログに参加中♪



よろしければ「おいしそう」も
クリックして頂けると嬉しいです。






それでは明日もいい1日になりますように。









 

このページのトップヘ

見出し画像
×