Super slow iegohan 毎日呑んでもダイエット&ボディメイクおつまみ

お酒を毎日飲みながらでも体型キープできる、 ヘルシーな食卓を目指して日々料理しています。 簡単なものでも手の込んだものでもなるべく 市販品は使わず手作りするようにしています。

2014/10

<span itemprop="headline">ふんわりぷりぷり♪牡蛎の昆布巻き揚げ、ラムのステーキ</span>

こんばんは。先日8回目の結婚記念日だったので、おご馳走を…
作りませんでした~^^
前日早く帰ってきた主人とお買い物に行き、夕方だったのでタイムセールになっているものをたくさん買ってしまったので。
ですが半額になっていた牡蛎をゲットしてきたのでそちらでちょっとひと手間かけたおつまみを作りました。

我が家はお付き合いしてから結婚までが長かったので、一緒に住みだして13年くらいたちます。
「あのころはハタチだったのにな~。」と目を遠める主人。
うん、あなたもきっちり年取ってるのよ。
それでもよく「仲イイね~」と言われる夫婦です。
この前のお通夜の時も主人の従兄弟に、精進落としの席で「すごく仲がいいのが伝わってくるよ」と言われましたし。

というわけで、普段の食卓にちょっと毛の生えた記念日ディナーです。



☆ふんわりぷりぷり牡蛎の昆布巻き揚げ
牡蛎におぼろ昆布(とろろ昆布でもOK)を巻いて天ぷらにしてあります。
 【材料 2人分】
◆牡蛎(加熱用)・・・大ぶりのもの10個または小さめの物20個くらい
◆おぼろ昆布またはとろろ昆布・・・お好きなだけ
◆天ぷら粉・・・1/2カップくらい
◆冷水・・・1/2カップ~1カップ(ゆるめにした方がおいしいです)
◆揚げ油・・・フライパンの底から2センチくらい(全体が浸らなくてOK)
 【作りかた】
①牡蛎は3%くらいの塩水(分量外)でよく洗い、しっかり水気を拭きます。
②牡蛎のひらひらの部分を折りたたむようにして形を整え(小さい牡蛎の場合はたがいちがいにふたつをくっつけます)、おぼろ昆布で全体が包まれるように巻いていきます。
③天ぷら粉を冷水で溶き、昆布がはがれないように注意しながら衣を付けて、170℃くらい(天ぷら粉を落としてすぐ浮き上がるくらい)に熱した油で揚げます。
④予熱で火が通りすぎてしまうので、表面がカリッとなったらOKです。
*レモンを絞り、塩を添えていただきます。主人は醤油の国のおじさんなので醤油で食べてましたが、それもおいしいみたいです。

こちらのレシピが「こんだてnote」七五三御膳で紹介していただきました。


ほかのおつまみも。



☆さんまのお刺身
この時期サンマはいいですね~。大ぶりのものが1尾¥150でした。
さばいているときに身がしっかりしていると感じたので、あまり脂がのってないかな~、と思いましたが、ぷりぷりに身が締まりつつ脂ものっていておいしかったです。




☆ラムステーキのバルサミコ&たまねぎドレッシングソース
このラムも前日の半額になっていたものです。
「マッサン」にハマっているので、スコッチブロスを作ってみようかな、と思って購入しましたが、記念日はちょっといい目のワインを開けるので、ラムや鴨などの我が家好みのワインに合うお肉をいただくことが多いです。
・たまねぎドレッシングはすりおろしたたまねぎとにんにくに塩、醤油、砂糖またははちみつ、みりん、胡椒などを加え、よく混ぜて塩を溶かしたらオリーブオイルをたっぷり加えて出来上がりです。にんじんに変えてもおいしいです。
じゃがいもが丸1個どーん!なのは、ふかしてチーズ焼きにでもしようかな、と思って主人に聞いたら、「肉の付け合せなんだからそのままでいーよ」と言ったため。

そんな感じで記念日ディナーもいつもとそんなに変わりなく、ちょっといいワインだけ飲んでおしまいでした。
昔は記念日のたびに何かしらプレゼントしてもらってましたが、だんだん欲しいものがなくなってきました。
バッグやアクセサリーは今あるもので十分だし、服はお義母さんが買ってくれるし。
というわけで、今年の結婚記念日は、物置を買ってもらうことにしました~♪
ロマンも減ったくれもないなぁオイ。
いーのいーの、実用的なもので^^



YAHOO!ショッピング カロリミット





 レシピブログに登録しています。
 

 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)





<span itemprop="headline">大人の?ハロウィン寿司</span>

こんばんは。ハロウィンが近いのでジャックオランタン風な押しずしを作りました。手軽にさっとできるものもいいですが、今回は「大人の」と銘打っているだけあって手間暇をかけた昔ながらの早なれずし風です。



見た目は子供のパーティー風ですが、レシピは本格的です。2日くらいかかります。
絵心とセンスがないのはどうかご容赦ください。
これでも図工、美術の成績は良かったんですけど、説得力がありません^^;
 【材料 2人分】
・〆サーモン
◆サーモン(刺身用サク)・・・120gくらい
◆塩・・・小さじ1/2
◆酢・・・大さじ1
◆砂糖・・・小さじ1/2
・千枚漬け
◆かぶ・・・大1個
◆塩・・・小さじ1/2
◆砂糖・・・小さじ1/4~1/2
◆昆布・・・3センチ角くらい
・酢飯
◆かための炊き立てのごはん・・・1.5合分
◇酢・・・大さじ2
◇砂糖・・・大さじ1/2
◇塩・・・少々(小さじ1/6くらい)
 【作りかた】
・1日目
①サーモンは塩を両面に振り、キッチンペーパーなどでくるんでラップをきっちり巻き、冷蔵庫で6~8時間置きます。
②かぶは皮をむいてスライサーなどでなるべく薄くスライスし、塩、砂糖を全体にまぶして重石のできる容器に入れ、昆布と重石を乗せて2~3時間漬け込みます。
③サーモンを酢と砂糖を合わせたものに時々返しながら30分から1時間、お好みの締め具合になるまで漬け込みます(もっと長くてもOKです)。
④炊き立てのごはんに◇印の調味料を合わせたもの(市販の寿司酢でもOK)を加え、あおぎながら混ぜて一気に冷まします。
⑤酢飯が人肌程度まで冷めたら大きめのシャリくらい(回転寿司サイズ)に丸めます。
 (1.5合分で16個できました)
⑥サーモンの水けを拭いてなるべく面を大きくとるように薄めのそぎ切りにします。
⑦大きめのサーモンはサーモンだけ、小さめのサーモンは千枚漬けを1枚乗せ、千枚漬けだけのものは2枚と一緒につけた昆布の千切りとあればゆずの皮も乗せます。
⑧押しずし用のすし型(なければ重石のできる蓋になるようなお皿などが入る容器)に隙間なく詰め、2キロくらい(ペットボトルなど)の重石を乗せてひと晩置きます。
*ご飯は濃いめに味付けをし、サーモンもしっかり締めて、なるべく冷蔵庫に入れない方がおいしいです(必ず室温より涼しいところに置いてください)

かなり面倒で時間もかかりますが、やっぱり時間をかけたものはおいしいですね。
近畿地方の名物、「柿の葉寿司」と、北海道のサンマに大根の酢漬けを乗せたお寿司をヒントに作りました。
押しずしの型はあまり使わない(私も柿の葉寿司の時くらい)ですが、あると便利です。




先日「ハロウィンはもともとかぶだった」という説を目にしまして、それでかぶのお寿司を作ろうと思い立ちました。
サーモンのオレンジは定番ですが、千枚漬けと一緒にしたものがとてもおいしかったです。
全部サーモン&千枚漬けにすればよかったな~というくらい♪
サーモンの生の食感を生かして締めなくても手軽でおいしいですが、ちょっと「ますのすし」風な食感になりますし、たまにはこんな面倒なお料理もいかがですか。



YAHOO!ショッピング カロリミット





 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)





<span itemprop="headline">ぬるチーズの超とろとろホットサンド</span>

こんばんは。「マッサン」にハマって以来、ウイスキーを食後に飲むようになったミーハー夫婦です^^
私はもともとハードリカー派なので、ウイスキーも大好き。
ハイボールなどの割ったものではなく、そのままが好きです。
チーズのおつまみはワインだけでなく、ウイスキーにもよく合いますね。
今回はおつまみではなく、朝ごはんにレシピモニターの製品を使いました。
冒頭の文章はなんだったんだって?今飲んでるからです^^




☆超とろとろホットサンド
小岩井乳業ぬるチーズは加熱すると超とろとろ!
まるでチーズフォンデュを挟んだみたいで簡単なのにとてもおいしいです。
 【材料 2人分】
◆食パン(8枚切り)・・・4枚
◆ロースハム・・・8枚
◆小岩井ぬるチーズ・・・お好みの量
◆小岩井マーガリンまたはバター・・・少々
◆練りがらしまたはマスタード・・・少々
◇ホットサンドメーカーをつかいます。
 【作りかた】
①食パンに練りがらしかマスタードをお好みの量塗り、ハムを2枚乗せます。
②その上にぬるチーズをたっぷり乗せてまたハム2枚で挟み、パンを乗せます。
③ホットサンドメーカーを熱してマーガリンまたはバターを熱し、パンが両面焼き色が付くまで焼きます。
*写真を撮るために半分に切りましたが、チーズが流れ出てくるので切らないことをお勧めします。
*我が家はガス仕様の30年以上もののとても古いホットサンドメーカーを使っているので少し焦げ目が強いです。

崩壊しかけのハムサンドとともにいただきました。
ぬるチーズは冷めても柔らかいので作りおいても大丈夫なところがとてもいいですね♪




おうちパーティーの料理レシピ




昨日は主人が飲み会だったので、久しぶりのひとり晩酌でした。
以前から私の方が出かけることが多かったので、たまにはおうちでひとりのんびりっていいですね。
私はひとり晩酌の時、かならず食べるものがあります。



ひとりもんじゃで~す♪
以前、関西の方に「東京の人はひとりでもんじゃ焼きするんですか?こちらで一人お好み焼きってしないんですけど…」と聞かれたことがありますが、はい、無いですよ^^しませんよ^^
私はひとりでごはんを食べるのが好きではない(外では絶対に無理)んですが、なぜかひとりもんじゃ(おうち限定)は好きなんですよね~。
ちょっと土手が決壊気味ですけど。
しかも一人だから新聞紙ですけど^^
主人がいる時は絶対にペーパーナフキンを敷きますが、ひとりの時はイイのイイの^^いいじゃないの~♪
ダメよ、ダメダメ、より、いいじゃないの~♪の方が好きです。
やっぱり変わってると思います(´艸`)

これ使ってます↓

レコルト ポットデュオ






 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)

<span itemprop="headline">簡単♪おかずになる♪かぶときのこの具だくさんスープ</span>

こんばんは。昨日はお通夜で「いいお嫁さん」をしたのでちょっと疲れました。
私は気を遣っているという意識がないまま気を遣っているらしく、なんで疲れたのか最近までよくわからなかった能天気ぶり^^
主人に「疲れたでしょ、ありがとね」と言われて初めて「あ、そっか」みたいな^^
我が家は主人も私も外面がいいので、親戚受けがいいんです。
私の母にも「アンタはとにかく愛想がいいから、お付き合いの面では全く心配がなくてよかった」と言われますし^^

そんなこんなで気疲れした日は、ほっこり温まるものがおいしいですね。




☆かぶときのこの具だくさんスープ
実家で定番だった、秋冬のおいしいスープ。
きのこをたっぷり入れて、おかずにもなっちゃいます。
 【材料 2人分】
◆かぶ・・・中3個
◆きのこ3~4種類・・・1/2パックずつくらい(だいたい250g)
◆鶏むね肉・・・100~150g
◆水・・・300cc
◆コンソメ・・・キューブなら1個、顆粒なら小袋ひとつ
◆塩・・・小さじ1/2くらい
◆胡椒・・・お好みの量
◆醤油・・・少々
◆バター・・・お好みの量
◆ゆでたかぶの葉・・・適量
 【作りかた】
①かぶは皮をむかずに4~6等分(大きめのひと口大)に切り、きのこは石づきを取って食べやすい大きさに切るか裂くかします。
②鶏肉はひと口大に切って、面倒でなければ酒と醤油少々(分量外)をからめます。
③鍋に水、コンソメ、かぶを入れて火にかけ、沸騰したらきのこを加え、10分ほど煮ます。
④かぶが柔らかくなったら鶏肉を加え、2~3分火が通るまで煮ます。
⑤塩、胡椒、醤油で味付けし、盛りつけた後バターとかぶの葉を乗せて出来上がり。
*鶏もも肉を使う場合はきのこと同じタイミングで入れます。
*醤油はお好みで入れなくてもOK、その場合は塩を多めにします。
*今回使ったきのこはしいたけ、しめじ、マッシュルーム、えのきです。



具だくさ~ん♪きのこはあるものなんでも入れちゃってOKです。何でも合います。
鶏むね肉は加熱しすぎるとパサつくので、かならず最後に入れます。
仕上げのバターも必ず♪とてもコクが出ます。
鶏もも肉を使ったもっと簡単なレシピはこちら→COOKPAD



こういうお料理を作るようになると、ああ、寒くなってきたんだな、と実感します。
我が家はそれ以外にも季節を感じることができます。




半手乗りデグー、あずき。もっと寒くなると飛び乗りデグーになるあずきさん。
とても自由な子なので、夏は「暑い!触るな!」とあまり抱っこさせてくれないのですが、今の時期なぜか体を半分だけ乗せてくつろぐと言う、人間にとっては迷惑この上ないことをしてくれます。(全部乗ってくれればこちらも移動できるので他のことができます)
そして、ささげはアホっぽい写真しか撮れないのですが、あずきは暴君の割に可愛い写真を撮らせてくれます。
これも、ずっと動かずにカメラ目線でいてくれて、その点はいい子♪
デグーの態度で季節を感じるここ3年半です。


YAHOO!ショッピング カロリミット




 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)






<span itemprop="headline">オードブルチーズで簡単♪デリ風麦とツナのサラダ</span>

こんばんは。明日お通夜のため、ネイルをマニュキュアで塗りつぶし作戦をしたら乾かず、PCに向かっています。
母は「落としなさい!」義母は「そんなに親しい人じゃないからいいのよ」の中間地点で、ヌードカラーのマニュキュアでごまかすと言うところに落ち着きました。
ネイルはこういう時すぐに取れないのが難点ですね。
とりあえず親戚にもけっこういいお嫁さんで通っているので、無駄に評価を落とすことはしたくありませんので^^;

今日もレシピモニターで頂いたチーズを使ったお料理です。
他のものでももちろんOKですが、今回アーモンドを使ったら、ナッツの風味が麦やツナととてもよく合いました♪



☆麦とツナのサラダ
 【材料 2人分】
◆押麦・・・45g(はくばくの白米に混ぜて炊く個袋タイプ1袋)
◆ツナ缶(オイルタイプ)・・・1缶
◆小岩井オードブルチーズ【アーモンド】・・・1箱(3個)
◆きゅうり・・・1/2~1本
◆ミニトマト・・・3~5個
◆たまねぎ(みじん切り)・・・30g(1/6個分くらい)
◆レモンの絞り汁またはワインビネガー・・・1/4個分(大さじ1くらい)
◆塩・・・小さじ1/4くらい(お好みの量)
◆胡椒・・・少々
◆オリーブオイル・・・小さじ1くらい(お好みで、入れなくてもOK)
◆GABANタラゴン(あれば)・・・少々
 【作りかた】
①押麦は水90ccを加え、沸騰するまで中火、沸騰したらごく弱火に落として10分炊き、10分蒸します(小鍋で作れます)。
②きゅうり、トマト、チーズは1センチ角くらいに切ります。
③麦が炊き上がったら熱いうちにツナ、チーズ、たまねぎ、を加え、塩、胡椒、レモン汁で味付けします(熱いうちの方が麦に味がなじむので)。
④粗熱が取れたらきゅうりとトマトを加え、オリーブオイルとタラゴンを指で砕きながら加えます。

こういうのって男の人はあまり好きじゃないかな~、と思って出したんですが、意外や意外、主人には好評でした。
水分が出にくい食材ばかりなので、作っておけておもてなしにもピッタリだと思います。



おうちパーティーの料理レシピ




先日義母とお買い物に行ったとき、丸々太った立派なイワシがとっても安かったので購入して、いろいろ作りました。
たまには梅煮とかもいいかな~、と思い、主人に「みりん干しと梅煮どっちがいい?」と聞いたら、「みりん干し」即答。
というわけで、いつものみりん干しを作りました。




イワシはさばきやすく、頭にも簡単に包丁が入りますし、私は基本的にアジなど硬くない骨のお魚の干物は頭から食べてしまうので、せっかく丸ごとで購入したし、と頭ごと漬け込んで干しました。
ごらんのとおり、真っ黒焦げになりました…orz
ちょっとの油断が惨事になりますね。
サバやアジでも3枚におろしてあれば簡単に作れます。
・最初に魚の両面に多めに塩を振り、キッチンペーパーなどでくるんで30分ほど置きます。
・みりんと醤油同量(お好みで加減します、我が家は醤油多めの甘さ控えめです)にアジやイワシなら1時間ほど、サバなら2時間ほど、何度かひっくり返しながら漬け込みます。
・水分を拭き取って胡麻を振り、排水溝用ネットなど(ざるでもOKですが、虫がたからないように上にもかぶせるなどします)に入れてS字フックで吊るし、表面が乾くまで(一晩くらいの時間)干します。
完全無添加なので、市販のもののように後味が甘ったるくなく、さっぱりしていてとてもおいしいですよ♪

さて、厚塗りのマニュキュアが乾いたみたいなので、晩ごはんの支度をしたいと思います。
といっても、大体のものは昨日作ってしまっているので(間違えて)、あとはメインを用意するくらいです。


YAHOO!ショッピング カロリミット






 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)

プロフィール

akkey

10歳年の差夫婦二人暮らし。お酒が大好き毎日飲むためにお料理も大好きです。最近ゆるく筋トレにハマっています。

記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ