2017/10

2017/10/31 19:41

682a9de9.jpg



今回は大根を使ったレシピです。
鬼おろしでおろした粗めの大根おろしが主役。

かなり前になりますが秋田の郷土料理屋さんでいただきました。
食べるまでは鬼おろしがメニューにあるのが?でしたが。
これがおいしいんです。

何年もたっているのでオリジナルは忘れましたが。
我が家流鬼おろしもおいしいです。

普通の大根おろしでもおいしいですが。
鬼おろしのほうが食べ応えがあるのでぜひ。
みぞれ和えやみぞれ鍋も鬼おろしで作るとおいしいんですよ。
ひとつあると便利な鬼おろしです。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





0b2545b5.jpg



●おつまみ鬼おろし


【材料 2人分】

・大根・・・5~8センチ
・揚げ玉・・・少々
・削り節・・・少々
・青ねぎ・・・2~3本
・卵黄・・・1個
・だし醤油または醤油・・・少々


【作りかた】

1、
大根は鬼おろしでおろす。
青ねぎは小口切りにする。

2、
水けを切った鬼おろしを器に盛る。
揚げ玉、削り節を好きなだけかける。
中央をくぼませ卵黄を乗せる。
青ねぎを散らす。
食べる直前にだし醤油をかける。


全体を混ぜて食べてくださいね。
大根おろしがメイン?と思えないくらいおいしいですよ。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

竹製 鬼おろし
価格:1782円(税込、送料別) (2017/10/31時点)






その他を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



エビ詰めピーマンのおろしだし


26bad7e0.jpg



肉詰めピーマンではなくエビ詰めピーマンです。
ケチャップ味ではなく和風の優しい味でいただきます。
ピーマンが何だか小料理屋さんの味になりますよ。



なすのみぞれ炒め


a852cf4c.jpg



昨年CMで見かけたお惣菜の素がおうちで簡単に作れます。
手作りすれば無添加で安心で経済的ですね。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!










今日のデグこ。


あずきが天国へ行ってまだそう経っていませんが。
新しい子を迎えてしまいました。



IMG_3934 (2)


パイドよりのブルーの「ひよこ」です。
なぜひよこなのかというと我が家のデグーはみんなお豆の名前。
ひよこ豆からとりました。

あずき、ささげ、うずら、ひよこ。

主人がひよこにしようと言ったので、「じゃあガルバンゾで」と提案したら。
「呼びにくい」と却下されました(笑)



DSC_0128 (2)


初日から手乗りです。
手乗りどころか袖にもぐってきました。
この子を見つけたのはうずらと出会ったお店です。
ホームセンターのペットコーナーなのですが。
とっても管理が良くて清潔で小動物みんな健康そう。
店頭デビューのタイミングもきちんと考えているそうです。
そんなお店の人にたくさん愛情を注いでもらっていたからか。
全然人見知りしないのかもしれないですね。



DSC_0127_20171031192004b58.jpg


違う環境に固まっていたのはほんの30分ほど。
すぐにキャリーから脱走したり、テーブルを走り回ったり。
落ちたら大変なので主人がテーブルの周りをウロウロしてました。
それくらい元気で物怖じしません。

まだ生まれて1か月ちょっと。
元気に大きく育ってね。




ではまた明日。











2017/10/29 19:43

10c32051.jpg



今回は八宝菜のレシピです。
が、白菜メインでおうちにあるもので作ったので。
八種類ではありません(笑)

これからの時期お鍋をメインに白菜がおいしいですよね。
しかもお安いですし。
私はお漬物やサラダなどよく使うので1個丸ごと買うことが多いです。
ついつい道の駅などで安いと1個で買ってしまうんですよね。
夫婦二人暮らしなのに。

なので白菜がメインでほとんど白菜の八宝菜です。
たっぷり食べられて、あとは冷蔵庫にあるお野菜でOK。

あれば冷凍のシーフードミックスを加えればよりメインな感じに。
ですが今回は豚肉だけ。
しかもお得な豚こま肉です。
これだけでも十分おいしいですよ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





187fe7b6.jpg



●八宝菜


【材料 2人分】

・白菜・・・3~5枚
・人参・・・1/4本
・ゆでたけのこ・・・少々
・きくらげ(戻したもの)・・・3~4枚
・玉ねぎ・・・1/4個
・うずらの卵(茹でてあるもの)・・・4~6個
・豚こま切れ・・・100g
・サラダ油・・・大さじ1

<A>
・醤油・・・小さじ1/2
・塩・・・少々
・胡椒・・・少々
・酒・・・小さじ1
・片栗粉・・・小さじ1/2

<B>
・塩・・・少々(小さじ1/4~1/3)
・顆粒鶏がらスープ・・・小さじ1
・胡椒・・・少々
・酒・・・大さじ1
・オイスターソース・・・大さじ1
・水・・・100cc
・片栗粉・・・小さじ2~3

・ごま油



その他あればきぬさやや小松菜など緑のものや、
シーフードミックスを加えます。


【作りかた】

1、
豚こまに<A>をもみ込み5分ほど置く。
<B>を混ぜて合わせ調味料を作る。

2、
白菜は茎の部分を斜め薄切りにし、葉はざく切りにする。
人参は1cm幅くらいの薄切りにする。
玉ねぎは1cmくらいの厚さにスライスする
たけのこは細切りにする。
きくらげは石づきを取って適当な大きさに切る。

3、
中華鍋かフライパンにサラダ油を熱し、豚肉を炒める。
色が変わったら白菜の葉以外を加えてさっと炒める。

4、
白菜の葉の部分と<B>を加え、煮立たせる。
とろみがついてから火を弱めて2~3分煮る。
仕上げにごま油を加えて混ぜ、完成。


合わせ調味料に水溶き片栗粉も加えてしまえば楽ですね。
とろみがついてからもしばらく煮込むのがポイント。
すぐ火を止めてしまうとあとでとろみがなくなってしまうそうです。









その他の白菜を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



白菜のホットサラダ


531819ce.jpg



生の白菜に熱々のお肉入りドレッシングをかけます。
しんなりしますが火の通った白菜とは違って新しいおいしさ。
私は実家で子供のころから大好きな冬の味です。



自家製白菜漬け





白菜のお漬物も自家製するととってもおいしいです。
柚子を入れたりりんごの皮を入れたり、その時によって変えます。
下漬けの後にんにく醤油で本漬けしてもおいしいんですよ。




よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこ。



DSC_0106 (2)


掴まれてあったかい2匹。
特にうずらは眠そうです。
気温が下がって来てとにかく寒がります。
人間は暖房と思っているみたいですが。
それでも手に乗ってきてくれるのは嬉しいものです。





ではまた明日。











2017/10/28 19:54

4d8097d6.jpg



今回はこれからの時期おいしいお鍋のレシピです。
レタスがたっぷり、レタスが主役のしゃぶしゃぶ。
お肉は豚肉でもOKです。

レシピブログさんのモニターでオイスターソースを頂きました。
中華だけじゃもったいない、がテーマなので。
しゃぶしゃぶのつけだれに使った和食のレシピにしました。

つけだれは混ぜるだけでとっても簡単。
しかも使うものも市販のものだけなので手軽です。

オイスターソースで甘みとコクが加わってレタスがいくらでも食べられますよ。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




オイスターソースの料理レシピ
オイスターソースの料理レシピ





 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





781d99d2.jpg



●レタスと牛肉のしゃぶしゃぶ


【材料 2人分】

・レタス・・・1/2~1個
・牛しゃぶしゃぶ用肉・・・150~200g
・だし・・・適量

・柚子胡椒、七味唐辛子などの辛味

<つけだれ>
・李錦記オイスターソース・・・大さじ1
・しゃぶしゃぶ用ごまだれ・・・大さじ2~3
・ぽん酢・・・大さじ2~3
・鍋のだし・・・大さじ1~2


こってり味が好きな場合はごまだれを多めに。
さっぱり味が好きな場合はぽん酢を多めに。
好みで加減してくださいね。


【作りかた】

1、
つけだれの材料を混ぜる。
レタスは洗って大きめに切る。
レタスと牛肉を盛りつける。
(牛肉はくるくる巻いてバラのようにするとお洒落です)

2、
鍋にだしを沸かし、レタスと牛肉をしゃぶしゃぶする。
火が通ったらつけだれに付けていただく。


レタスは本当にさっと、シャキシャキ感が残っているうちにどうぞ。
辛みは柚子胡椒や七味唐辛子が定番ですが。
オイスターソースが入っているのでラー油も合いますよ。










その他のレタスを加熱したレシピもよかったら見てくださいね。



柿とレタスのオイスターソース炒め


af895e75.jpg



レタスとオイスターソースの組み合わせって合いますよね。
炒め物でもレタスはおいしいんです。
これから旬の牡蠣と合わせてぜひ。



舞茸とレタスの和風パスタ


16aeeaf9.jpg



めんつゆベースの味付けの和風パスタです。
舞茸から旨みが出て簡単なのにおいしいんですよ。
仕上げに加えたレタスがポイント。
旨みを吸ってシャキシャキ感がプラスされてさらにおいしくなります。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!










今日のデグこ。

あずきが天国へ行って1週間経ちました。
ささげとうずらを甘やかす度合いが強くなった気がします。
昨年末までずっとあずきとささげ2匹でいたので。
2匹でいることに慣れていたはずなのですが。
うずらが我が家へきて10か月。
3匹が当たり前になってしまったので寂しいです。

暴れん坊で勝手ですぐキレて大変なうずらですが。
最近暖かさに負けるのか、おとなしくなることもあります。



DSC_0098 (2)


父ちゃんの部屋着の間からこっちを見ています。
ささげはどこかにもぐって寝ています。



DSC_0099 (2)


気持ちよさそう。
おとなしくしてると本当に天使のかわいらしさです。



DSC_0100.jpg


暖かいとすぐ寝ちゃうデグーという生き物。
ささげも目がとろーんとしています。

かわいいなぁ。


ささげとうずらは長生きしてね。






ではまた明日。











2017/10/27 18:48

6128c966.jpg



今回はタコを使った超簡単おつまみです。
切って味付けするだけ。
飲みたいときにすぐ飲めます(笑)

タコは通年スーパーでお得に購入できますね。
しかも何にでも合いますし。
和風中華風洋風と色々なカルパッチョを作りましたが。
ナンプラーとも合うと思うので今回合わせてみました。

決め手はパクチー。
たっぷり加えてサラダ感覚でいただきます。




ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





d817fed0.jpg



●タコのエスニック風カルパッチョ


【材料 2人分】

・ゆでダコ・・・150g
・パクチー・・・1/2~1束

<ソース>
・ナンプラー・・・小さじ1
・レモン汁・・・小さじ1
・砂糖・・・少々
・シーズニングソース(なければ醤油)・・・少々
・一味唐辛子・・・少々


【作りかた】

1、
タコは薄くそぎ切りにして器に並べる。
パクチーはざく切りにしてタコの真ん中に盛り付ける。
(根はソースに使うので捨てない)

2、
パクチーの根を細かく刻み、ほかのソースの材料と合わせる。
タコとパクチーにかけて完成。


とってもさっぱりなので、好みで太白ごま油など加えても。











その他のタコを使ったレシピもよかったら見てくださいね。



炙りタコご飯


38f0a5a3.jpg



タコを炊き込む前に炙ってあります。
香ばしくなって余計な水分が抜けるので味が濃いですよ。



セロリとタコのマリネ


d64f3367.jpg



市販のドレッシングで味付け簡単。
タコとセロリってよく合いますよね。
さっぱりで香りが良くてお酒が進みます。






よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









先日お料理とワインの素敵マリアージュに出会いました。



DSC_0080_201710261916034ee.jpg


馬刺しと赤ワイン。
馬刺しは珍しいヒレの部分です。
赤身なのに柔らかくとろけるような食感で最高。

ワインはアベイ・ド・レランス サンソヴェール2010。
修道士さんの作るワインです。
真っ黒に近い深い色の赤ワインで、味も超濃厚。
甘みとスパイシーさが複雑で私には表現しきれません(笑)

毎年頒布会でこちらのワインは飲みますがいつも最高です。
牛肉以外のお肉に万能で合うそうで馬刺しと組み合わせてみました。
和食の鴨南蛮や燻製にも合うそうなのでこれはイケる!と。

山梨の馬刺しには辛味噌を合わせていただきます。
なので自家製のにんにくと唐辛子のきいた辛味噌を作りました。
あまり辛すぎるとワインには合わないので唐辛子が控えめに。

馬肉とも辛味噌とも驚くほどいい相性でした。
合わないと思っていた付け合わせのねぎとも大丈夫で。
玉ねぎではなく長ねぎを添えるのが我が家流。
これも山梨の食べ方だったっけな?


大満足でした。

いつものお得な安ウマワインもおいしいですが。
やっぱりお高めのワインはもっとおいしいです。
たまの贅沢、いいいですねー。




ではまた明日。











2017/10/26 19:45

196ff8ee.jpg



今回は旬の秋鮭とキャベツを使ったレシピです。
ファルシというと詰めもののお料理のことですが。
半分に切った姿が詰め物っぽいのでファルシと名付けました(笑)

こんがり焼いたキャベツが柔らかく香ばしくておいしいです。
中の鮭はキャベツに包まれてふっくら蒸され、これもまたおいしいんです。

ソースは溶かしバターとお醤油で簡単に。
ちょっと和風な味付けなので誰にでも好かれる味ですよ。





ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。




 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky
こちらもよかったら見てくださいね。





fdcf9a2f.jpg



●サーモンのファルシ


【材料 2人分】

・キャベツ(外側の大きい葉)・・・4~6枚
・生鮭・・・2切れ
・塩・・・小さじ1/2くらい
・胡椒・・・少々
・薄力粉・・・小さじ2くらい
・オリーブオイル・・・大さじ1
・バター・・・10g
・醤油・・・小さじ1~2

・付け合わせ(今回はブナピー)


塩鮭を使う場合は塩は必要ありません。


【作りかた】

1、
キャベツはたっぷりのお湯でゆでる。
(煮込まないのでロールキャベツより柔らかめに)
ざるにあげて自然に冷ます。

2、
鮭は骨を取り、塩、胡椒する。
全体に薄力粉を白くなるまでまぶす。

3、
キャベツを2~3枚重ねて鮭を乗せる。
手前を鮭に重ねたら横は片方だけ折りたたむ。
そのままくるくる巻く。
巻き終わったら折りたたんでいない端を中に押し込む。

4、
フライパンにオリーブオイルを熱し、3を入れる。
キャベツの両面に焼き色が付いたら取り出す。
180℃に予熱したオーブンで15~20分焼く。

5、
ファルシを焼いたフライパンにバターを入れて火にかける。
バターが溶けたら醤油を加えて火を止める。
半分に切って盛り付けたファルシにソースをかけて完成。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

秋鮭骨取り切り身 100g前後×5枚 鮭 さけ サケ 魚 骨とり ほねとり
価格:1580円(税込、送料無料) (2017/10/26時点)






その他の鮭を使ったレシピもよかったら見てくださいね。



塩鮭キャロットラペ


5c5a0861.jpg



生ハムなど入れておいしいキャロットラペ。
塩鮭と柚子胡椒で和風に仕上げてもおいしいんです。
オレンジとオレンジで色がちょっと地味ですが。
いつものキャロットラペに飽きたらぜひ。



湯葉とサーモンのグラタン


407349fe.jpg



湯葉とホワイトソース、チーズってよく合うんです。
そこにドーンと鮭を入れれば食べ応えもあって簡単。
シンプルですがおいしい組み合わせです。





よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!









今日のデグこ。



DSC_0090_201710261916062bd.jpg


今朝のささげ。
お散歩に出したのにお散歩もせず床にぺったり。
相当温かかったらしいです。
主人曰く「暑くなると違うところに腹這いで移動してた」と。
立って歩く気もないだらけっぷり。

うずらもおんなじことをしていたそうですが。
おしっこをして父ちゃんに「コラー」と言われたら逃亡しました。
うずらは「コラー」が分かります。逃げます(笑)
ささげの後ろの床の塗装が剥げているのも犯人はうずらです。
すぐ気づいて拭けばよかったのですがカーテンに隠れてて。

あずきもささげも外に出るとおしっこしない子なんですけどねー。
まぁデグーはおトイレを覚えられない動物なのでしょうがないんです。
かわいいし(笑)





ではまた明日。











プロフィール

akkey

10歳年の差夫婦二人暮らし。お酒が大好き、毎日飲むためにお料理も大好きです。お酒を飲んでも体型維持をするためにゆるく走っています。

記事検索
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ