DSC_0115_00001





今までのレシピ検索はこちら




今回はレシピモニターの商品を使ったレシピです。
魚醤を3種類頂きました。

その中でアミエビで作ったいさだ醤油を使用。
エビそのもののようなうまみがある魚醤で
炒めものなどこれだけで味が決まります。

そのいさだ醤油を湯豆腐のたれに使いました。





DSC_0120_00001



ねぎと削り節たっぷり。
子供のころから実家では湯豆腐と言えば
このたれで食べていました。


我が家の湯豆腐はお豆腐だけでなくねぎやえのき
そしてタラを加えるのが定番なのですが
せっかくうまみたっぷりのたれを作ったので
今回はお豆腐とお野菜のみ。
お鍋に昆布を敷く必要もありません。

ですがごちそう感のあるおいしい湯豆腐です。
いさだ醤油がなければしょっつるやいしる(いしり)
でもおいしく作れます。





ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに登録しています。



クリックしていただけると励みになりますので、
よろしくお願いします。





魚醤で旨みたっぷり料理レシピ
魚醤で旨みたっぷり料理レシピ





 
Instagram Instagramもやってます。
   @akkey_smoky

こちらではお出かけや旅行、愛車のこと
などお料理以外のこともつづっています。

よかったら見てくださいね。






DSC_0121_00001



●湯豆腐&つけだれ


【材料 3~4人分】

・豆腐 1丁
・長ねぎ 1本
・山えのき(茶太えのき) 1パック
・水 適量
・重曹(あれば) 小さじ1/3~1/2


<つけだれ>
・長ねぎ 1/2本
・削り節 5gくらい
・いさだ醤油 大さじ1
・醤油 大さじ1
・日本酒 大さじ2~3


【作りかた】

1、つけだれの長ねぎを薄い小口切りにする
ほかの材料とともに耐熱容器に入れて
ふんわりラップをし600Wのレンジで
2~3分、アルコールが飛ぶまで加熱する

2、水に重曹を加えて溶かす
豆腐は食べやすい大きさに切る
長ねぎは斜め切りにする
えのきは石づきを切り落としてほぐす

3、鍋に材料を入れて火にかける
ねぎとえのきに火が通り豆腐が温まったら
つけだれを添えて完成


*ポイント*

お子さんなどアルコールが苦手な方はお酒を減らして
水を加えてください。

料理酒を使う場合は塩が入っているので
量を減らすか醤油を減らしてください。

水に重曹を加えるのはお豆腐が少し
溶けたような感じになって口当たりが良くなるためで
なければ入れなくて構いません。





















湯豆腐の日の献立にいかがですか?









こちらは一から捌いていますが魚屋さんで
3枚におろしてもらっても簡単です。

皮をはがずに霜降りづくりにするのは
皮の下の身が一番おいしいため。
食感も楽しめます。










湯豆腐がさっぱりなので炒め物でこってり味を
プラスしていますが鶏むね肉なので
それほど重くなく食べられます。






その他の魚醤を使ったレシピも
よかったら見てくださいね。









いさだ醤油はパエリアにも合います。
ほかの魚介類のうまみと相まって
お米一粒一粒がとてもおいしいですよ。










ナンプラーとコーラ?な組み合わせですが
とてもおいしいのでぜひお試しいただきたいです。

味付けがとても簡単でお肉もほろほろ。
おすすめです。













レシピブログに参加中♪


よかったら「おいしそう」もお願いします。
いつもありがとうございます!














ではまた明日。