DSC_0269_00001





今までのレシピ検索は
こちら



ご訪問ありがとうございます。
ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー
のakkeyです。

食と運動の両面から体型維持を目指す我が家の
毎日のおつまみを紹介しています。


今回は焼き飯のレシピです。

チャーハンではなく焼き飯。

なぜそこにこだわるのかと言いますと。

とても思い入れのあるお料理だからです。

物心つく前からお墓参りに帰りに親戚と行っていた
門前仲町の「近為」というお店があります。

お漬物や粕漬けなど、とてもおいしいんです。

好きすぎて京都に旅行した時に本店に行ったり
亀岡の工場のお店にも行ったことがあります。

(亀岡店は車を走らせていて偶然通りががって)

そこで小さいころ食べていた焼き飯が大人になって
とても懐かしくて食べたくなりました。

青菜のお漬物の独特の風味は覚えているのですが
それ以外はぼんやりで。

(なにせ35年以上前のかなり小さいころなもので)

残念ながらお店のメニューにはもうないので行っても
食べることはできません。

たまたまInstagramで近為さんにコメントを入れたら
焼き飯のことを詳しく教えて下さって。

お礼代わりに使うお漬物が入っている詰め合わせや
母や義父母におすそ分けする粕漬けなどお取りよせして
その時は作りました。

ですが壬生菜は確か季節限定のお漬物で。
(調べたら5月下旬まででした。買っておけばよかった!)

なので市販の水菜のお漬物と自家製のしめじの佃煮で
今回は作ってみました。




DSC_0265_00001



今回使ったのはこちら。

少し酸味がありましたが、できれば酸味のないものを
使ってください。

(原材料を見てお酢や酸味料の入っていないもの)



自家製しめじの佃煮はこちら↓







こちらは東京生まれで濃い味の佃煮で育った
私好みの味付けと日持ちを考えて作った味付けです。

近為さんのしめじの佃煮はもう少し淡い味です。


なのでこの焼き飯自体も完全な再現レシピというより
少し東京風かもしれません。

お肉や卵は入っていませんがとてもほっこりする
優しい味です。

前置きが長くなりましたがぜひお試しくださいね。







レシピブログに参加しています。



レシピブログに参加中♪



クリックしていただけると励みになりますので
よろしくお願いします。






Instagramもやってます。
こちらは旅行や愛車のことなど
お料理以外のことも綴っています。

よかったら見てくださいね。


 

th[8]_00001
akkey_smoky





DSC_0267_00001



●しめじの佃煮とお漬物の焼き飯






*ポイント*


佃煮やお漬物の塩気によって醤油の量が変わります。

必ず味を見てから醤油を加えて下さい。

佃煮やお漬物と一緒に食べると意外と味が濃く
感じるので少し薄めかな?くらいがおすすめです。

できれば料理酒や日本酒ではなく白ワインで。









ちなみにしめじの佃煮も季節限定なのかお取り寄せは
現在できないもようです。

自家製もそう手間はかかりませんのでぜひ。





今回のお料理と一緒にいかがですか?










チャーハンではなく和風な焼き飯なので
汁ものはお味噌汁で。

具だくさんなおかず味噌汁なのでこれと焼き飯で
お腹いっぱいになりますよ。





そのほかの佃煮、漬物を使ったレシピも
よかったら見てくださいね。











ツナとマヨネーズと佃煮?と思われるかも。

ですがこのしめじの佃煮があると一味違って
サラダうどんがよりおいしくなります。









このレシピでは野沢菜漬けですが高菜漬けや
しゃくし菜漬けでも。

ちなみにしゃくし菜は雪白体菜という葉野菜で
埼玉県秩父市の名産品のお漬物です。









このレシピでは生湯葉を使っていますが
乾燥湯葉をゆでて戻したものでもおいしいです。

(そのほうが見た目がきれいかも)

あとは乾燥湯葉を揚げたものでも。

180℃くらいの高温の油で2~3秒で揚がります。

焦げやすいのでご注意くださいね。













ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに参加しています。



レシピブログに参加中♪



よろしければ「おいしそう」も
クリックして頂けると嬉しいです。






それでは明日もいい1日になりますように。