DSC_0326_00001






今までのレシピ検索は
こちら



ご訪問ありがとうございます。
ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー
のakkeyです。

食と運動の両面から体型維持を目指す我が家の
毎日のおつまみを紹介しています。


今回は牛肉とじゃがいもを使ったレシピです。

じゃがいもは糖質が多めなので我が家ではそれほど
おつまみには使わない食材なのですがたまに食べたい
となります。

それに最近我が家は走っているので以前ほど食べ物を
気にしなくなってきました。

もともとお野菜が好きで多めに採りますし揚げ物は
夫は好きですが私はそれほど好きではなく。

食生活自体が太る方の好むものではないのかも。

今の時期熱中症の危険がありますので走るのは主に
早朝、6時ごろからにしています。

涼しくて気持ちよくてどこまでも走れそう(笑)ですが
長くても10kmです。

やっぱり運動をして食べたいものを気にせず食べるのって
心の健康にもつながるんですよね。

走るのは無理という方は早朝ウォーキングがおすすめです。

飲み物をもってお出かけくださいね。


というわけで前置きが長くなりましたがじゃがいも。

ほくほくの食感がじゃがいも、というイメージですが
シャキシャキに炒めたものもおいしいんですよ。

私が小さなころから母がベーコンと炒めてくれたのを
今でも覚えています。

母も驚く食の記憶(笑)

食べること大好き食いしん坊です。

じゃがいもは生で食べるのは体に良くないので火はしっかり
通しますがほんのひと手間でシャキシャキに。

牛肉ではなく上記のようにベーコンでもおいしいですし
ハムなどおうちに余っているものでも。

やみつきになる食感なのでぜひお試しくださいね。






レシピブログに参加しています。



レシピブログに参加中♪



クリックしていただけると励みになりますので
よろしくお願いします。






Instagramもやってます。
こちらは旅行や愛車のことなど
お料理以外のことも綴っています。

よかったら見てくださいね。


 

th[8]_00001
akkey_smoky






DSC_0327_00001



●牛肉とじゃがいもの細切り黒胡椒炒め







*ポイント*


じゃがいもはためた水に浸けるのではなく
必ず流水にさらしてください。

でんぷんを取り除くことで火が通っても
シャキシャキ感を残せます。

炒めすぎるとシャキシャキ感がなくなってしまうので
ご注意ください。

牛肉のほか豚こま切れ肉やベーコンでも。









今回使ったじゃがいもと同じものです。

私が見たときはグランドペチカではなく
デストロイヤーという名前で売られていて。

そのネーミングのすごさに惹かれて買いました。

普通においしく破壊的ななにかはありませんでした(笑)











今回のお料理と一緒にいかがですか?










冷たく冷やした冬瓜の煮物は今日のような暑い日に
ぴったりです。

とろみがついているのでつるっと食べやすいですよ。









切って和えるだけ。

夏にぴったりのおつまみです。

にらは生で加えるのがポイント。

なので匂いは強烈です。

お休みの前の日にどうぞ…





そのほかのじゃがいもを使ったレシピも
よかったら見てくださいね。










夏になると食べたくなるジェノベーゼ。

それは我が家でバジルが取りきれないくらい育ち
ソースにするからでしょうか(笑)

なんでも枯らす「デッドハンド」の持ち主と夫に言われる
私なのですが逆に育つものは恐ろしいほど育つんです。

鉢植えで買ったデラウェアはジャングルになってますし。

1本だったアーティーチョークは2本になりましたし等々。

今年もバジルは豊作なのでそろそろ作ります。









ピンク色のじゃがいもを使ったら見事にお肉と色が
かぶり失敗…

ですが味はおいしいです。

市販のポテトサラダを使えば味は少し違いますが
よりお手軽です。














ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに参加しています。



レシピブログに参加中♪



よろしければ「おいしそう」も
クリックして頂けると嬉しいです。






それでは明日もいい1日になりますように。