カテゴリ:
DSC_2205_00001





今までのレシピ検索は
こちら



ご訪問ありがとうございます。
ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー
のakkeyです。

食と運動の両面から体型維持を目指す
毎日のおつまみを紹介しています。


今回はビーツを使ったレシピです。

ビーツは食べる輸血と言われるくらいに栄養豊富。

鉄分はもちろんのこと血流改善を助ける硝酸イオン
ポリフェノールにマグネシウム、リン、カリウム
などなどキリがないくらいの栄養を含んでいます。

とにかく健康にも美容にもいいということですね。

ビーツと言えばボルシチくらい…

という方も多いかと。

ですが少し前にお気に入りのスリランカカレーの
お店にて夫が頼んだカレーのプレートについていた
ビーツのサラダ(サンボル)がとてもおいしくて。

最初普通に食べていた夫があまりのおいしさに
「ちょっと食べてみて!」と勧めてきたのです。

スリランカカレーはカレーとご飯というわけでは
なくてメインのカレーに野菜や豆のカレーも付き
そのほか炒めものやおかずなどがワンプレートに
盛り付けられた見た目も楽しいカレーです。

私の好きなお店は野菜のカレーが日替わり。
サラダの野菜もその時によって違います。

なるべく地元の野菜を使うようにしているらしくて
とってもおいしいんです。

そこでいつか生のビーツが手に入ったら作りたい
と思っていました。

ラッキーなことに昨日普段はいかないスーパーに
寄ったら国産のものが売っていたのです。

というわけで作ってみました。





DSC_2206_00001



真っ赤っかですね。

ビーツはかなり土臭いというかクセの強い味です。

私も夫もそういう食材が大好きなので抵抗なく
生で食べられますが苦手かも…という場合は
生食に向いた渦巻きビーツを使うのもおすすめ。









普通のビーツは切るとほぼ真っ赤ですが
渦巻きビーツは渦巻き模様です。







こちらは土臭さがほとんどなく食べやすいです。

ですがクセのある味大好き!という方はぜひぜひ
普通のビーツで作ってみてくださいね。





レシピブログに参加しています。



レシピブログに参加中♪



クリックしていただけると励みに
なりますので
よろしくお願いします。



こちらも参加始めました。

お手数おかけしますがポチポチっと
していただけるとうれしいです。



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ
にほんブログ村





Instagramもやってます。
こちらは旅行や愛車のことなど
お料理以外のことも綴っています。

よかったら見てくださいね。


 

th[8]_00001
akkey_smoky





DSC_2204_00001



●生ビーツのスリランカ風サラダ(サンボル)


材料 (2人分)

ビーツ
200g
玉ねぎ
50gくらい
ピーマン
1/2~1個
削り節(鰹またはマグロ)
5~8g
小さじ1/3~1/2
一味唐辛子(または粗挽きの赤唐辛子)
少々
レモン汁
大さじ1~


作り方



削り節はフライパンで乾煎りし、細かくする
ビーツは皮をむき、4等分くらいにしてから
なるべく薄くスライスする


玉ねぎは好みの厚さにスライスする
ピーマンは種とヘタを取ってスライスする


すべての材料をボウルに入れて和える
冷蔵庫で1~2時間置いて味を染み込ませる
盛り付けて完成



*ポイント*

我が家ではお塩は粗塩を使っています。

精製塩を使う場合は塩気が強いので
量を減らして(1/2~2/3くらい)
作ってください。

今回色と香りが落ちないようにピーマンはあとで
加えています。

面倒でなければあとで加えると見た目がきれいで
ピーマンの香りも引き立ちます。

クミンやカルダモンなどのお好みのスパイスを
ひと振りしてもおいしいです。






今回のお料理と一緒にいかがですか?









おつまみとして作りましたがご飯にももちろん
よく合います。

スリランカカレーってインドカレーと何が違うの?
と思われる方もいるかもしれません。

すぐ近くの国だしね。

ですがどちらかというとモルディブのカレーに
近いような気がします。

インドカレーはスパイスを油で炒めてから作るもの
が多い気がしますがスリランカカレーはそれよりも
ココナッツミルクで煮込むものが多いです。

スリランカもモルディブもマグロやカツオを使った
カレーがありますし。

モルディブフィッシュというマグロを乾燥させた
日本のマグロ節みたいなものもありますし。

なので今回のサラダもマグロ節で作りたかった…
のですが日本のマグロ節は高級品で。

という関係でタラをスリランカカレー風に。

おいしいですよ。










時間がない時や長く火の前に立ちたくないときに
ぴったりの時短カレーです。

煮込み時間がとっても短いのでヨーグルトの酸味が
ほのかに残っていてさっぱり食べられます。




そのほかのビーツを使ったレシピも
よかったら見てくださいね。










お肉がごろっと入ったおかずやおつまみになる
ボルシチです。

圧力鍋に入れるだけ。

まだまだ暑さが続く今の時期にぴったりです。

暑さで疲れた体に染み入りますよー。









ピンクですがカレーです。

ターメリックを使わずビーツを加えることで
味はちゃんとカレーなのですがピンクになります。

かなり前に「岩下の新生姜ミュージアム」にて
ピンクのカレーを見まして。

あれは新生姜のつけ汁で色を付けたのだろうか…

いまだにわからないのですが一度作ってみたくて。

冷凍してあったビーツを使って作ってみました。

スパイスカレーはルウを使わないのでヘルシー。

ビーツを使いきれない時にぜひ。














ご訪問ありがとうございます。
レシピブログに参加しています。



レシピブログに参加中♪



よろしければ「おいしそう」も
クリックして頂けると嬉しいです。






それでは明日もいい1日になりますように。