Super slow iegogan お酒を飲みながらダイエット

お酒を毎日飲みながらでも体系キープできる、 ヘルシーな食卓を目指して日々料理しています。 簡単なものでも手の込んだものでもなるべく 市販品は使わず手作りするようにしています。

未分類

<span itemprop="headline">お誕生日ディナーしてきました。</span>

ご訪問ありがとうございます。
昨日、私のお誕生日前なのでおいしい外ごはんをしてきました。
ここ何年か夫婦のお誕生日、結婚記念日、その他なんでもない日でも行くお気に入りのお店。
私のブログでもよく紹介しているottoさんです。
都内まで行かなくても都内よりリーズナブルでハイレベルなお料理がいただけるので大好き。
まぁ、都内が決して遠いわけではないんですけどね。

今回は一番早い時間に予約をしていたのでまだ誰もいなくて、旅行の時にシェフに紹介していただいたお店の話や今日入ったきのこのお話などしまして。

まずはスパークリングワインで乾杯♪
アミューズは塩茹での落花生。この時期おいしいんですよね。



落花生をあらたか食べつくしているのでスパークリングとメニューの写真になりました。



次はメニューにはイタリア産のポルチーニのフリットとありましたが、今日入った本しめじと松茸も!今年初松茸です。



手前のチーズのかかったものがポルチーニ、真ん中が本しめじで奥が松茸です。
甘く炒めたたまねぎとマスタードがメインのソースが添えられていておいしかった~。
松茸は主張しすぎない上品な香りで、いい松茸を食べてるな~、って感じでした。
我が家的には香りが個性的でジューシーなポルチーニのほうがインパクトがありました。
普段口にできるポルチーニって乾燥のものだから、全然違うんですよね。




次はフォアグラのブリュレです。
甘くないフォアグラのブリュレ本体に香ばしくて甘いキャラメリゼ、佐渡産黒無花果の三位一体感が半端じゃなくおいしいです。
まだ前菜のうちですが、こちらで赤です。シチリアの赤です。キャラメリゼの仄かな苦みとフォアグラの肝っぽい味とよく合うワインでした。


次はどのコースにも必ず、毎回入っているシェフのスペシャリテです。
毛蟹と塩のパンナコッタ、ヴィシソワーズのエスプーマ仕立て。
シェフはエスプーマが好きみたいで、ティラミスもエスプーマ仕立てです。
毛蟹、甘くないパンナコッタ、ふわふわのヴィシソワーズが毎回安定の幸せを運んでくれる。
こちらは食感は軽いのにかなりしっかりした味わいです。



お料理の写真を忘れたので(HPで見られます)、合わせたワインです。
イタリアワインのエチケットってお洒落で前衛的なものがよくありますね。




モンサンミシェルのムール貝と平目のヴァポーレ(蒸しもの)
枝豆とセロリ系の葉っぱがシンプルな味付けのいいアクセントになっています。
モンサンミシェルのムール貝ってとても旨味が濃いので、余計なことをすると台無しになっちゃうんですよね。だからより難しいイメージの食材です。
平目も食感がしっかりめで食べごたえのあるものでした。おいしかった。




私の使っているスマホの無音カメラアプリが調子悪くて、ワインの写真が途中でなくなってしまったのでこんな感じになっちゃってます。ブルゴーニュの白です。


次はまた今日の特選素材?のきのこのお料理です。




スパゲッティーニには本しめじ、舞茸、こう茸が入っているとのことでした。
どれもうまみが超絶ですね。もちろんきのこの旨味を吸ったパスタも最高。
きのこの旨味が濃いのでたっぷり目のチーズにも負けず。
これひと品でしっかりメインなお味でした。




こちらは「サッシカイア」と言う有名ワイナリーの方が作ったワインだそう。
サッシカイアは飲んだことがないのですが、ミーハーなので名前は分かります(笑)
いい意味でゴムのような香りだったんです。
でも、だからきのこと合ったのかも?


9f3dc735.jpg


イタリア、トスカーナのハトのロースト。

ふたつの部位で全然味わいが違います。
昨年いただいた山鳩のような鉄と血っぽい風味の部分と、脚の方は濃厚なお肉の旨味。
トリュフのソースと、パプリカのぺぺロナータをを添えて。
このパプリカがまたおいしいんです。


9764b9dc.jpg


ハトにはワインを2種類出していただきました。
手前の赤いエチケットのものはフォアグラと合わせて頂いたもので、そちらのもっといいのが中央の。
奥は私でも名前を聞いたことのあるタウラージのものです。
グラスもブルゴーニュグラスとボルドーグラスで出していただいたので香りの違いを感じられて楽しかったです。


食後はいつもはチーズでしたが、今日はドルチェで。
よく話すかた(お店の)が実はパティシエだったと知り(遅いわ)、絶対食べる!と決めてたので。
食後酒はグラッパをいただきました。

その前に。



今回主人が予約時に伝えたわけではないのにサプライズなプレートが。
しかも、我が家が伝えていないので、あまり派手に祝われたくないのを分かっていてくれたみたいで、こっそりとパティシエが「おめでとうございます」って言って出してくれたんです。
何年も前に初めて行ったときが私の誕生月ディナーで、その時からの情報をきちんと持っていてくださってるんですって。うれしいな~。





ドルチェは以前いただいておいしかった日向夏とレモングラスのジュレとココナッツのジェラートです。
この組み合わせは、タイとかバリとかに来た気分になる、エスニックな味わいでお気に入り。
タイにもバリにも行ったことないけど(笑)。

お茶菓子に食用ほおずきのチョコがけ、ぶどうにアガーシートを乗せたもの、喉が渇いたので紅茶(私)とエスプレッソ(主人)をいただいてごちそうさまでした。

隣の席のお客さんとも少しだけ、静かにお話をして(私たちが夏に行った神戸のお店に行ったことのある方で、東北地方からいらしてる、とシェフから聞いていたので)楽しかったです。

帰りもシェフとまたたくさんお話ができたし、こちらはお料理だけでなく色々と素敵な時間が過ごせるお店なので本当に大好きです。

お料理ひとり¥8000のコースにペアリングワインでお会計は税込¥27000也。
都心の一等地の有名リストランテだったら倍以上するでしょうしお得だと思います。
何よりお値段以上の満足感がありますしね。













おいしくダイエット





 レシピブログ(おつまみカテゴリ)に登録しています。
 
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)

いつもありがとうございます!


<span itemprop="headline">「うずらのロースト、しいたけソース」でおうちビストロ♪</span>

こんばんは。この時期風邪をひいても花粉症と迷うので判断が難しいですね。
私だけでしょうか?
今日もレシピモニターで頂いたスパイスを使ったお料理です。
地元にうずらの専門店があるのでたまに買いに行きます。
その名も「うずら屋」
こちらのうずらのお肉はもちろんのこと、プリンもとてもおいしいです。

以前山鳩のお料理でフォアグラに山鳩の内臓と赤ワインのソースにトリュフを添えてあるものをいただいてとてもおいしかったので遠いけど少し真似、みたいなお料理にしました。
トリュフの代わりにしいたけなところが家庭料理^^




☆うずらのロースト、しいたけソース
 【材料 2人分】
◆うずら(内臓を抜いてあるもの)・・・3羽
◆しいたけ・・・4個
◆バター・・・10~15g
◆赤ワイン・・・100cc
◆デミグラスソース(あればフォン・ド・ボー)・・・30g
◆塩・・・少々
◆GABANあらびきブラックぺパー・・・少々
◆ローズマリーまたはお好みのドライハーブ・・・少々
 【作りかた】
①うずらは骨ごと縦半分にカットします(キッチンばさみか出刃包丁が便利)
②レバーなどが残っている場合は取りのけて(使うので捨てません)よく洗います。
③水気をよく拭き、塩、粗く挽いたブラックペパー、ローズマリーを全体に振りかけて250℃くらいの高温に予熱したオーブンで20~30分、骨がパリパリになるまで焼きます。
④しいたけは石づきを取り、軸を外して薄くスライスします。
⑤フライパンにバターを熱し、レバーとしいたけの軸を炒め、色が変わったらしいたけのかさを加えてさらに炒め、しんなりしたら赤ワイン、デミグラスソースを加えて煮詰めます。
⑥半分くらいになってトロリとしたら塩で味を調え、焼き上がったうずらに添えます。




付け合せ(うずらの下に敷いてあるもの)は、じゃがいもを薄くスライスしてらせん状に広げ、薄力粉をまぶしてオリーブオイルをかけて焼いたものです。
アルミホイルを敷いてトースターで焼けば簡単です。






冬のお取り寄せ




 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)




<span itemprop="headline">「チキンのレモンペッパーグリル&レモンステーキ」でおうちファミレス</span>

こんばんは。最近粗くつぶしたブラックペパーにハマりにハマっているので、昨日もレシピモニターのお料理でした。
チキン、ビーフ共にレモンとブラックペパーをきかせた味付けです。



鉄板にコンボってファミレス風♪
この鉄板は実家からもらったものです。
子供のころはステーキなど、フォークとナイフを使うお肉料理の時に父がこれで出してくれました。
他にオーバル型のものもあります。
牛肉が中途半端な量だったので鶏肉は1枚の半分です。




☆チキンのレモンペッパーグリル
 【材料 少なめの2人分】
◆鶏もも肉・・・約200g
◆塩レモン・・・少々(あとでソースをかけるので)
◆GABANブラックペパーホール・・・少々
◆マスタードシードやパプリカなどが入っているミックススパイス(なくてもOK)
・レモンステーキソース
◇レモンの絞り汁・・・1/2個分(大さじ3くらい)
◇みりん・・・小さじ1
◇はちみつ・・・小さじ1/2
◇醤油・・・大さじ2~3
◇おろしにんにく・・・少々
 【作りかた】
①◇印の調味料をすべて合わせてソースを作ります。
②ブラックペパーを粗く刻むかすり鉢などで粒が割れる程度の粗めにつぶします。
③鶏肉は厚みが均等になるように切り込みを入れ、皮目に少量の塩レモンを塗ります。
④10分ほど置き、アルミホイルの上に乗せて250℃に予熱したオーブンかトースターで焼き色が付くまで焼きます。
⑤仕上げにミックススパイスとブラックペパーを振りかけます。
*ブラックペパーは焼くときにかけてもOKです。



鉄板レモンステーキは焼き肉用の厚さの牛肉ならを熱した鉄板の上で火が通ります。
こちらも下味に塩レモンを少々塗り、鉄板がない場合はフライパンで両面さっと焼きます。
スライスたまねぎの上にチキンと一緒に盛り付けて。
レモンステーキソースをジュワ~!はねます^^;コンロが汚れます^^;
ですがアツアツの鉄板の上でソースを熱するとまたおいしいんですよね。
鉄板を使わない場合はフライパンでひと煮立ちさせてかけます。

レモンのさっぱりでお肉がモリモリ食べられます。
我が家のソースは甘みが控えめかもしれないです。
本場長崎でいただいたレモンステーキはもう少し甘かった記憶がありますし、ファミレスで働いていた時のソースも同じでしたし。
好みでみりんやはちみつを増やしてもおいしいと思います。
長崎は食べものがおいしかったなぁ。



冬のお取り寄せ





 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)


<span itemprop="headline">「砂肝のエスカルゴ風」ブラックペパーをたっぷり♪</span>

こんばんは。今日もレシピモニターで頂いたスパイスを使ったお料理です。
ホールタイプのブラックペパーを粗くつぶして使うのが最近のお気に入り。
砂肝がとっても食べたくなって、でもただ塩焼きにするだけじゃつまらないな~、ということでエスカルゴの器を引っ張り出しました。





見た目エスカルゴなので主人は一瞬怪訝な表情でした^^
「かたつむりを何で食べるんだよ」が主人の口癖。
基本的に好き嫌いは無いのですが、エスカルゴやらホヤやらは苦手なようで。
あとは豚足。私は全部大好物なのに~。

ですがこちらはエスカルゴ嫌いでも大丈夫♪
食感はなんとなく似てる?かなぁ?
あっさり目の砂肝が赤ワインに合うお料理に変身します。






☆砂肝のエスカルゴ風
 【材料 2人分】
◆砂肝・・・200g
◆にんにく・・・ひとかけ~(お好みの量)
◆パセリ・・・適量
◆GABANブラックペパーホール・・・小さじ1/2(お好みの量)
◇バター・・・20gくらい
◇塩・・・小さじ1/4
◇パン粉・・・大さじ1
 【作りかた】
・オーブンを250℃くらいに予熱しておきます。
①砂肝は食べやすい大きさに切り、塩少々を入れたお湯でさっと湯がきます。
 (あとで加熱するので完全に火が通ってなくても表面の色が変わる程度でOKです)
②にんにくとパセリはみじん切りにし、ブラックペパーは粗く刻むかすり鉢などで潰します。
③②を◇印の調味料と一緒に耐熱容器に入れて電子レンジで30秒~1分ほど(バターが溶ける程度)加熱します。
④オーブン用の器に茹でた砂肝を敷き詰め、②を乗せます。
⑤予熱したオーブンでパン粉に焼き色が付くまで加熱します。




我が家のネズミたち(デグー)は毎日元気です。
冬は暖房をつけるので夏場ケージを置いているデグ部屋(本当は客間)ではなくリビングに移動しています。
ケージも冬専用にカスタマイズしています。



サンコーのイージーホーム40ハイにあずきの赤ちゃんの頃のおうちの鶏小屋を乗せています。
もちろんただ乗せるだけではなくメッシュステージや自作の床などと、取り外しのできる固定金具で落ちたりずれたりしないようにしています。
見づらいですが、足場は考えて設置して30センチ以上の高さから落ちることは絶対にないようにしています。
これだけのスペースにすると正直お掃除が面倒ですが、冬は石油ストーブがあるのであまりお散歩をさせない(服の中をぐるぐる回ってますが)のでせめておうちの中でいっぱい跳んだりはねたりできるように、と、親心です。
暖房は夜ハンモックで寝るので上にパネルヒーター、昼間はステージの下にひよこ電球を設置して床暖のようにしています。
そろそろ換毛が始まった我が子に、ちょっと早い春を感じてます^^



冬のお取り寄せ




 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)



<span itemprop="headline">手軽にごちそう「スペアリブの塩レモンBBQソース」</span>

こんばんは。今日は忙しい時にぴったりの、マリネしてあとで焼くだけ、なスペアリブを久しぶりに作りました。
まぁ、私の場合「いつ忙しいの?」と主人に言われるほどのスーパースロー生活を送っていますが、ガーデニングとかしてると時間を忘れてしまったりしますしね。
(結局忙しくはない。今日も昼過ぎまでボウリングしてきたし)




ちょっとおもてなし風にキャンドルを置いてみましたが、「置いただけ」感が。
以前ハマっていてたくさん購入したのでテーブルコーディネートを勉強してもっと活躍させたいです(涙)



☆スペアリブの塩レモンBBQソース
 【材料 2人分】
◆スペアリブ・・・400gくらい(骨の重さによる)
◆塩レモンのレモン・・・1/4個くらい
◇ウスターソース・・・大さじ1~2
◇ケチャップ・・・大さじ1~2
◇焼き肉のたれ・・・大さじ1~2
◇醤油・・・小さじ2(お好みで、入れなくてもOK)
◇チリソース・・・少々(入れなくてもOK)
 【作りかた
①スペアリブはお肉の部分の厚みが均等でない場合厚い部分に切り込みを入れます。②◇印の調味料をすべて合わせてスペアリブと一緒にファスナー付きのポリ袋に入れます。 
③塩レモンのレモンをスライスし、スペアリブの上に均等に乗せます。
④1時間~ひと晩漬け込みます。
⑤クッキングシートか焼き網に乗せて250℃に予熱したオーブンかグリルでこんがり焼き色が付くまで焼きます(途中、中が生なのに焦げそうな場合は200℃くらいに落としてアルミホイルをかぶせて加熱します)


今回は豚のスペアリブではなく、鹿を使いました。



昨年末京都旅行の帰りに購入したものです。
真空パックで冷凍なので賞味期限は1年!
なんか、「京丹後産」って書いてあると高級食材のイメージがあります。
が、こちらは100g¥100しないです。
むしろ猪の方が高かったなぁ。

思えば我が家は結構いろいろなところに旅行してます。
先日TVを見ていたら、「全国のおもしろ鍋」がやっていて、滋賀に行ったときにガイドブックで見つけたお店が出てました。
それを見たらまた食べたくなっちゃって。



びわこ食堂の「とりやさいみそ鍋」です。
一番下ににんにくと唐辛子のきいた味噌、鶏肉が入っていて、てんこ盛りの白菜が加熱していくうちにどんどんかさが減っていきます。
味噌のお取り寄せも出来ますが、すぐに食べたかったので味を思い出しつつ味噌2種類、みりん、お酒、おろしにんにく、唐辛子などで作りました。
ほとんど水は加えず、白菜の水分だけで煮ていくので旨味がとっても濃厚です。
大量の白菜も意外とぺろりと食べられてしまうので、普段〆を食べない主人が「ちょっとうどん入れて食べたい」と言い出し、少なめのひとり分をふたりでいただきました。

旅行するとその土地でしか食べられない物に出会えて楽しいですね~♪




冬のお取り寄せ





 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)




プロフィール

akkey

10歳年の差夫婦二人暮らし。お酒が大好き毎日飲むためにお料理も大好きです。最近ゆるく筋トレにハマっています。

記事検索
レシピブログ
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ