未分類

2014/12/14 20:33

こんばんは。今日は義母とお買い物に行ってきました。
最初は食料品の買い出しだけの予定でしたが、変更♪
それはまた後ほど。
レシピモニターで頂いたスパイスでチキン料理です。 





少量でもたっぷりでもとても簡単に作ることができます。



☆チキンとかぶのチーズクリーム煮
 【材料 2人分】
◆鶏もも肉・・・2枚(150g×2)
◆薄力粉・・・大さじ1
◆塩・・・小さじ1/2
◆胡椒・・・少々
◆バター・・・10g
◆かぶ(小)・・・4個
◆にんにく・・・ひとかけ
◆牛乳・・・200cc
◆GABANローリエ・・・1~2枚
◆ピザ用チーズ・・・軽くひとつかみ
◆かぶの葉(茹でたもの)・・・お好みの量
 【作りかた】
①鶏肉は塩胡椒をして薄力粉をまぶします。
②かぶはお好みで皮をむき、4つ割りに(大きいものはひと口大に)切ります。
③フライパンにバターを熱し、潰したにんにく、鶏肉を皮目から入れ、こんがりと焼き目が付いたらひっくり返してかぶを加え、焼き色が付くまで炒めます。
④牛乳、ローリエを加え、弱めの中火(グラグラ煮立てない程度)で15分ほど、かぶが柔らかくなって煮汁にとろみがつくまで煮込みます。
⑤ピザ用チーズ、かぶの葉を加え、溶けたら火を止めます。

このメニューは鮭でよく作ります。
レシピはこちら→cookpad





クリスマスケーキ お取り寄せ
42abd1a0.jpg




今日は日曜日で百貨店は混みそうだったので、食料品の買い出しだけスーパーに行くつもりでしたが、朝比較的早めに出たので、車停められそうだね、と西武に行ってきました。
いつも、主人と私のお誕生日、クリスマスと年3回は必ず、他にもお買い物のついでになど、よく義母に服を買ってもらいます。



主人はカルバンクラインでパンツ2本、私はロートレアモンでパンツ2本とニット。
なぜかお嫁さんの私の方がたくさん^^
私はほとんどパンツを履かないので、これから新しいコーディネートを楽しめそうです。
このニットは大きめのサイズを選んでざっくり着た方がかっこいい、というお店の方のアドバイスでその通りに。
なんだかこういうすっきり目のパンツをロールアップしてパンプスを合わせてざっくりニットを着たら、ちょっといい女風(あくまでも風)になれそう^^
主人はきれいめカジュアルのちょっと小金持ち風おじさん(こちらもあくまでも風)をテーマにしているのでこちらのブランドが好きです♪

今年はこの服を着て旅行に行くつもりです。
寒いところに行くので、パンツは必須♪



レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)






2014/12/13 19:55

こんばんは。今日はお味噌の仕込みと秩父で購入してきたしゃくし菜を漬け込んだりしていて、一日バタバタしていました。
なんか、農家のお嫁さんみたい^^量は違うけどね。
お味噌の仕込みは1~2月がいいみたいなんですが、もう寒いのでいいかな~、と作ってみました。

お味噌は大豆と麹と塩だけで作れます。
いろいろ調べたら、大豆1、麹1、塩0.5弱が基本みたいなので、去年はその通りに麦麹で作りました。
今年は主人のリクエストで甘めのお味噌をということで麹を多めにしました。
大豆1(1kg)、米麹1.5(1.5kg)、塩0.5弱(600g)です。

まず前日に大豆をよく洗い、たっぷりの水に浸けておきます。
ちなみに大豆は狭山産、水と麹は秩父、塩は伯方の塩です。
まん丸の大豆が水煮のような楕円になります。
そして今朝付けておいた水ごと大きな鍋に入れて煮ます。



3~4時間煮込むので、主人の実家(うちから5秒)から練炭七輪を借りました。
最初は外でやってたんですがちょっと目を離したすきに噴いたので家の中に移動。
練炭七輪は高気密住宅では絶対に使わないでくださいね。
我が家も換気扇はもちろん、リビングに2カ所ある換気構を開けてます。
あと練炭に完全に火がついて30分以上燃やして有毒なガスを出し切ることも大事。

親指と小指で大豆をつまんで楽に潰れるくらいまでじっくりコトコト煮込みます。
茹で上がったら茹で汁を少し取っておいて大豆を潰します。



去年は2重にしたビニール袋に入れて踏むと言う方法を取りましたが、あとで出すのがとても大変(くっついて)だったので今回はお鍋の中でポテトマッシャ―で潰しました。
これもかなりの重労働です。



大豆が茹で上がる少し前に麹と塩をよく混ぜておきます。
塩麹を作る時と同じような感じですね。
こちらを潰した大豆と混ぜます。
今回麹が多くて硬めだったので、茹で汁を加えつつ丁寧に。
よく混ざってないと塩辛いお味噌になってしまうんだとか。

そして空気が入らないように叩きながら丸めて味噌団子にしていきます。



なんだかものすごーく麹っぽいけど大丈夫なのか、と少し心配です。
これを甕に力いっぱい投げつけながら入れて、空気が入らないように押し込んでいきます。
さぁ、日頃ストレスのたまっている方はここで発散^^
私は残念ながらたまるほどないので、楽しみながらやりました。
そして周りを焼酎できれいに拭き、味噌の表面に塩を軽く振って経木で覆い、その上からラップをかけ、重石(洗った小石を袋に入れたもの、2kgくらい)を乗せ、さらにラップをぴったりかけ、新聞紙をかけてひもでしばってゴミなどが入らないようにし、蓋をして床下収納へ。
暖かくなってきたらカビが生えていないかチェックします。
去年のものはしませんでしたが、半年くらいで天地返しをするとよりおいしくなるそうなので今年はしようかな。

以上、今年の味噌仕込みでした。





昨日は久しぶりにお取り寄せをしたものをいただきました。
我が家は旅行で結構いろいろなところに行くので、あまりお取り寄せはしません。
ですが、どうしても食べたくなったので主人が頼んでくれました。



「秘密のケンミンショー」などで有名な、高知の「一鶴」の骨付き鶏です。
関東に住んでいると歯ごたえのある鶏肉を食べる機会がないので、今回は親鳥のみオーダーしました。
かなり弾力があって、スパイシーな味付けがとてもおいしいです。
トレーごと出しているのは、この脂も大事なので。
おにぎりを付けて食べるんです。ん~、これもおいしかった♪



合わせたワインはこちら。ブルゴーニュなのに味わいは結構しっかり。
ですが久しぶりのブルゴーニュはやっぱり普段飲むワインと全然違いますね。
ちょっとスパイシーな親鳥の味付けとも合いました。
今日もチキンで合わせてみようと思っています。



クリスマスケーキ お取り寄せ
eff2e0f4.jpg




レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)






2014/12/12 20:17

こんばんは。今日はレシピモニターで頂いたスパイスを使って、メインのチキン料理ではなく、お酒を飲まない方にもいい、パスタを作りました。
もちろん一人ランチにも、とても簡単ですぐできるのでおすすめです。



白菜と鶏むね肉はパスタと一緒に茹でてしまうのでとても楽ちん。
鶏むね肉は片栗粉をまぶしてあるのでパサつかず、おいしくいただけます。
味付けはハーブソルトのみ、と本当に簡単です。



☆チキンと白菜の香るペペロンチーノ
 【材料 1人分】
◆パスタ(スパゲッティ―など)・・・80g
◆白菜・・・2枚
◆鶏むね肉・・・50g
◆片栗粉・・・小さじ1/2
◆オリーブオイル・・・大さじ1
◆鷹の爪(種を抜いたもの)・・・お好みの量
◆パスタの茹で汁・・・50cc
◆ハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス>・・・5振りくらい
 【作りかた】
①鍋に多めの塩を入れたたっぷりのお湯を沸かしておきます。
②鶏むね肉はそぎ切りにして片栗粉をまぶします。
 (面倒でなければお酒少々も)
③白菜は軸の部分を2センチくらいの幅に、葉の部分をざく切りにします。
④パスタを茹で、表示時間の2分前になったら白菜と鶏むね肉を加えます。
⑤表示の1分前に茹で汁を必要な量取りのけ、ざるにあげます。
⑥フライパンにオリーブオイルと鷹の爪を入れて熱し、⑤を加えて全体に油が回る程度軽く炒めます。
⑦茹で汁と香りソルトを(味を見ながら)加え、水分がなくなるまで炒めます。
*香りソルトに入っているので今回は入れませんでしたが、さらににんにくを加えてもおいしいと思います。






水曜日、地元の大好きなお店、ottoさんに久しぶりにお邪魔してきました。
こちらは値段に応じた3つのコースのみでアラカルトはありません。
ですがサイトでジビエが入荷しているということで予約時にお願いしておきました。
そういうお願いもできたりしますし、お店に行くとその日届いたおすすめの食材を見せてくれたりもして、行くたびに新しい発見があります。
我が家は「獣臭いものが好き」とインプットしていただいているので^^今回はいつも以上の感動でした。

まず最初のお皿は鰆のカルパッチョと赤いかぶでスパークリングワインでした。
そして2皿目はロゼに合わせてアオリイカのアヒージョ。
アヒージョと言ってもよくあるオイル煮!ではなくて、イカスミのソースでおいしかった~。
次にお店のスペシャリテをいただいて、さぁ、お楽しみひとつめ。




ウサギのフリットです。ウサギって、シチューのイメージしかなかったので、これはびっくり。
繊維の柔らかい鶏肉のようで、クセは全くありませんでした。
ちなみに、この日これを出したのは我が家だけだそう^^
変わったもん好きに定評のある我が家^^
齧歯目飼ってますが、全然抵抗なくいただきました~^^
この世で私が食べられないのは多分ネズミ(飼ってるから)と虫だけだと思います。
で、このあとちぢみキャベツと肉厚しいたけのパスタに塩漬けのリコッタチーズを載せた物をいただいて(量は少なめにしてもらいました)。

お楽しみふたつめ~♪



今回楽しみにしていたジビエは山鳩!!!
さすがにジビエを食べ慣れている主人も初めてでした。
ソースはフォアグラと山鳩の内臓と赤ワイン。それにトリュフを乗せて。
最初はフォアグラのようなこってりしたソースで?と思ったんですが、山鳩にとてもクセがあってこれぞジビエ!と言ったお肉だったのでとてもよく合っていて最高のおいしさでした。
柔らかく加熱されたお肉部分ももちろん筆舌に尽くせぬおいしさでしたが、脚の部分もさすが野生だからか筋肉質で歯ごたえがあってたまりませんでした♪
付け合せはトレヴィスの仲間だそうです。
このお料理をいただいていた時、口の中でじゃりっとしたので、「あ~、細かい骨かな~」と出してびっくり。



ネイルストーンかスタッズみたいなこれ、なんだかわかります?
まさにジビエの証明、「散弾」です。
散弾銃の弾ね。
主人は子供のころ鴨なんかを食べているときによくじゃりじゃりして出していたそうですが、私は話に聞いていただけで初体験。
なんか、ラッキーな気分^^
欧米でプディングでしたっけ?に銀貨やお人形が入っている、みたいな。
あれって国によってはパーティーの全支払いをする、という恐ろしいしきたりもあるとか。
飲み込むね、私なら。
というわけで、お店の方に見せて、持って帰るって言ったら袋をくれました^^
(歯は大丈夫でしたか?と心配していただきましたが)

デザートの代わりにチーズ、小菓子をいただき、食後酒にグラッパでごちそうさま。
久しぶりにシェフともお話ができて、ジビエの感動を伝えられたし、シェフも我が家のような好みだと面白いみたいで色々教えてくださって、楽しかったです。
そして最後に「常連の方はこれで年内最後だと思いますので」みたいに挨拶していただいて、きゃー!
我が家はワンシーズンに1度行くくらいなのにそんなふうに言っていただいて恐縮です~。
ですがわざわざ都内に行かなくても(シャンデリアが下がっていてテーブルの間隔が2メートル以上あるようなお店に行きたければ別)とてもおいしいお料理とそれに合わせたワインがグラスで楽しめてしかもリーズナブルなので、また絶対に行きます。

もし所沢市にいらっしゃることがあるなら、ぜひ。




クリスマスケーキ お取り寄せ
3437d6f8.jpg




レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)





2014/12/11 19:12

こんばんは。昨日久しぶりに温泉(立ち寄り湯)に行きました。
以前は大好きで、色々なところに行っていて、車の中にはおふろセットを常備していたんですが、最近はすっかり足が遠のいていて。
旅行以外で温泉に入ったのは何年振りだろう。
とても気持ち良かったです。
昨日はそのあと定期的にお邪魔しているお店で晩ごはんの予約をしていたのでお料理はしませんでした。

おととい、タイムセールで安くなっていたスモークサーモンを見つけたので購入。
サーモンは嫌いな人があまりいないし、あまり手をかけなくてもいろどりがきれいなので見栄えがして、おうち宴会の時には重宝しています。



緑と黄色を加えれば、とっても簡単なのにおもてなしの一品になります。
味付けは今年大ブームの塩レモンをベースに、失敗なしのデリ風サラダ♪
私は「自分で作れるものは買わない」主義なので、デパ地下のデリのサラダを見ておいしそうだな~、と思って通り過ぎます^^




☆スモークサーモンのサラダ
 【材料 2人分】
◆スモークサーモン・・・100gくらい
◆たまねぎ・・・1/2個
◆きゅうり・・・1/2本
◆セロリ・・・茎を1本分
◆レモン・・・1/4個くらい
◆塩レモン・・・小さじ1/2+お好みの量
◆オリーブオイル・・・大さじ1くらい
◇ワインビネガー・・・小さじ2
◇胡椒・・・少々
◇はちみつ(または砂糖)・・・小さじ1/2~1
 【作りかた】
①玉ねぎは薄くスライスし、10分くらい水にさらしておきます。
②きゅうり、セロリは7~8ミリの斜め薄切りに、レモンは薄いいちょう切りにしてオリーブオイルをからめておきます。
③たまねぎの水気を絞り、塩レモンで和えてしんなりさせます。
④たまねぎから出た水分を軽く切り(絞りません)、◇印の調味料を混ぜたドレッシングで和え、2の野菜も混ぜ、最後にスモークサーモンを加えて、味が薄かったら塩レモンを加えて味を調えます。
*野菜に最初にオイルをからめておくのはしんなりさせないためで、見た目もデリのサラダのように仕上がります。




先日ひとつレシピモニターに外れてしまったんですが、スパイスのモニターに当選しました。



クリスマスのチキン料理レシピのモニターで、チキンに合うハーブにハーブミックスソルトを頂きました。
どれもよく使うものですし、ハーブソルトは今まで手作りしていたので、出来上がっているものを頂けると楽ちんで便利♪
もともとチキンは大好きなので、たくさんのレシピを考えたいと思います。



クリスマスケーキ お取り寄せ
855cb59a.jpg





 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)





2014/12/09 23:58

こんばんは。クリスマスが近づいてかたまりの牛肉を見なくなった気がします。
なので、特売のステーキ肉をおいしく柔らかく変身♪
醤油麹と塩レモンが大活躍です。




☆漬け込みサイコロステーキ
・牛ステーキ肉(安くて脂のないものでOK)を一口大に切ります。
・塩レモンと醤油麹とを1:3くらいの割合で混ぜてお肉にからめます。
・その上からお酒とこしょう少々を振って30分くらい置きます。
・油を熱したフライパンでお好みの焼き加減に焼きます。

とてもシンプルなお料理ですがおいしくできました。
漬け込んだ状態で持ち運んでBBQなどにも合うのかな、とちょっと季節はずれですが思いました。




昨日は主人の実家でお隣さん(我が家にとってもお隣さん)から生きているホッキ貝を頂いたということでおすそ分けしてもらって、お刺身にしました。
今までは2枚貝と言えば私が開けるところからさばくところまでするのが当たり前でしたが、牡蛎開けにハマっている主人に牡蛎が出来るなら他は楽勝、とやってもらいました。
その後の処理やらは私の担当。




ヒモと貝柱は湯通しで、あとはお刺身で。
活きホッキはなかなか食べられないので、私はテンションが上がりめ^^
ですが主人はあまり貝好きではないので少し残しておいて甘辛く煮て、炊き込みご飯にします。
火の通ったホッキ貝もまたおいしいんですよね~^^

明日は主人が休みを取れると言うことで、お出かけしたいのでこのへんで。
おやすみなさいませ。



クリスマスケーキ お取り寄せ
5c12d53e.jpg





 レシピブログに登録しています。
 

 
 


↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)






プロフィール

akkey

10歳年の差夫婦二人暮らし。お酒が大好き、毎日飲むためにお料理も大好きです。お酒を飲んでも体型維持をするためにゆるく走っています。

記事検索
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ